沿革/活動理念

フェニックスズは2004年、地域の子どもたちに「ボールを蹴ることの楽しさ」「サッカーの面白さ」を伝えるために設立しました。
設立当初は、近隣の公園で指導していましたが、活動の幅を広げるべく2012年「しんよこフットボールパーク」での活動を始めました。
2015年4月より、より公益なスポーツ文化への貢献を目指し「一般社団法人フェニックスズスポーツ」とした非営利団体としての法人化を行いました。
2016年、保護者からの声に後押しされ、「鶴見川樽町公園」にてチーム活動を始めました。

サッカーを始めてみたい子どもたちへの垣根を低くし、楽しみながら子どもたちの「考える力」や「運動能力」を育てることを大切にした、サッカーの入り口的クラブです。

ヘッドコーチからみなさまへ

子ども達には、サッカーを通してたくさんの成功と失敗を体感し、「考える力」と「実行する力」を身につけてほしいと考えています。
上手く出来たことについて、『なぜ上手く出来たのか?』、上手く出来なかったことについて、『なぜ上手くいかなかったのか?どうすれば上手くいくのか?』を考えさせ、実際にプレーをして見せ、話し、伝えていきます。
あえて声をかけないこともあります。
何を言うかよりも「いつ言うか」のタイミングが大事だと考えています。
毎回の練習を楽しみにグランドにやってくる子ども達の『笑顔を見れること』と、『出来ないことが出来るようになる瞬間に立ち会えること』が、指導の醍醐味だと考えています。
私自身も、子ども達と一緒にサッカーを楽しみたいと思います。


一般社団法人フェニックスズスポーツ
ヘッドコーチ・飯塚俊介

© 2018 一般社団法人フェニックスズスポーツ

PAGE TOP